テトラサイクリン歯を白くする方法

幼少期(0~12歳)にテトラサイクリン系の抗生物質を服用すると、歯の象牙質や骨に沈着します。

これによって歯にグレー、オレンジ、茶色、黄色などの着色を起こし、歯磨きや通常のホワイトニングでは白くすることができません。

テトラサイクリン系の抗生物質には、ミノサイクリン、オキシテトラサイクリンなど20種類以上あり、種類によって着色の色が違います。
この色は紫外線によって、濃くなることがわかっています。テトラサイクリン系抗生物質は、以前は風邪薬のシロップとして一般に
使用されていましたが、歯に対する副作用が明確になった最近では、使用が極力控えられていますが、現在でも呼吸器疾患や、
皮膚疾患などにテトラサイクリン系の抗生物質が使用されています。現在の20代後半から40代までは、風邪などで幼少期に服用
した人が多く、歯に薄い黄色の縞模様が認められる人が多いのが現状です。

また色が濃い場合には深刻な悩みを抱えていらっしゃる方も多いようです。

 テトラサイクリン歯を白くする方法をご紹介します。


ホワイトニング 

薄黄色の場合はホワイトニングで白くする事ができます。
歯に縞がある場合は縞の部分が白くなりにくいため、一時的に目立ちますが、
ホワイトニングを続けて行うことで、ほとんど目立たなくなってきます。
またブライトスマイル2ですと、テトラサイクリンでもある程度白くすることができる場合があります。


プレミアムホワイトニング 

オレンジや茶色、グレー系で色が濃い場合、オフィスホワイトニングだけではその色が薄くなってくるだけで、
真っ白にすることができません。
この場合はブライトスマイルとホームホワイトニングを併用したプレミアムホワイトニングで、かなり白くする事が可能です。


パーマネントマニキュア 

縞やグラデーションがある歯、根元の色が濃い歯は、ホワイトニングでは白く出来ません。
パーマネントマニキュアは、歯を削らずに樹脂を塗って固めることにより、下の歯の色を遮断して白くする事ができます。
ただし透明感はなくなってしまいます。


ホワイトスカルプチャー

パーマネントマニキュア同様、歯を削らずに白くすることができます。
マニキュアと違い、歯の形や大きさをある程度変えることができます。
また透明感もマニキュアよりは出すことができます。


ラミネートベニヤ 

歯を薄く削ってセラミックを貼る方法です。
色だけでなく、歯の隙間や形も修正できます。透明感も自然な感じにすることができます。



コラムトップへ

COPYRIGHT(C) 2000-2016 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP