歯のホワイトニングサロン ティースアート

トップページ >> 神経を抜いた歯を白くする方法




  
神経がない歯のホワイトニング方法

  神経を抜いた歯は、時間がたつと明度が落ちて暗くなってきます。こういった歯は、
  通常のホワイトニングでは白くなりにくく、また後戻りもしやすくなっています。
  一般的にはセラミックなどが推奨されますが、歯を削りたくない場合には、ほかの方法で白くすることもできます。



ウォーキングブリーチ

歯の中に過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素を混ぜ合わせたホワイトニング剤を封入し、
1週間ごとにお薬を交換して白くする方法です。
根の治療が完了していることが条件です。
以前は保険が適用されていましたが、現在は保険適用外です。歯の状態によっては痛みが出たり、

歯の周りの骨に影響がある場合があるため、現在では行われなくなってきています。



ブライトスマイル


通常のホワイトニングでは、神経のない歯は白くなりにくいのですが、変色が強くない場合はブライトスマイルで白くできる場合があります。
根元が変色している場合や、変色が強い場合は、パワーブリーチを併用することで、かなり白くすることができます。


Before After


インターナルブリーチ(パワーブリーチ)

  歯の裏に詰めてある樹脂をはずして、そこにホワイトニング剤を入れて白くする方法です。
  ブライトスマイルやルマホワイトニングなど他のホワイトニングと組み合わせて行うことができます。

   Before 
After


   マニキュア

   
歯を削らずに、1回で確実に白くすることができます。種類によって1週間程度のものから数年間もつものまであります。


   Before After Before After



   セラミック

   神経がない歯は原則的にしっかりと土台を立ててセラミックをかぶせる方法が一般的です。
   ただし、神経のない歯は歯が薄くなってしまっているため、通常ラミネートベニヤは行いません。

   Before After


COPYRIGHT (C)2000-2006 TEETHART CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.