電話 メール
差し歯やセラミックの前にパーマネントマニキュア
manicure

歯医者さんで差し歯やセラミックを勧められたけど、歯は削りたくないと思ったことはありませんか?

神経を取ってしまった歯や大きく欠けてしまった歯は、土台を立ててセラミックなどにするのが一般的です。
しかしほとんど自分の歯が残っているのに全部削って被せることに抵抗がある人も少なくありません。

ティースアートの人気のメニューの中で、パーマネントマニキュアがあります。通常のマニキュアは爪同様、
徐々にはがれてしまいますが、パーマネントマニキュアは特殊な樹脂を塗って固めるため、メンテナンスに
よっては2年から5年間使用可能です。

この方法なら自分の歯がほとんど残っている場合には、歯を削らずに白くすることができます。
料金も1本9,000円~17,000円とセラミックにした場合の1/10程度です。

またテトラサイクリンの変色、金属やセラミックなど、ホワイトニングでは白くできないものまで確実に白く
できるため、人気が高くなっています。

施術時間は1本当たり20~30分ですので、見えるところすべてを行っても1日で白くすることができます。
このために結婚式直前の方もいらっしゃいます。

最大の特徴は歯を削らないこと。これだけ白くするには若干でも歯を削らなければならないのですが、
ティースアートのパーマネントマニキュアは特殊な材料を使用しているため、1mm程度の厚さでも下の
色が透けることなく、白くすることができます。この技術はティースアートだけの特殊技術です。

最大の欠点は時間がかかってしまうこと。上下の見える歯すべてを白くする場合、20本程度が必要ですが、
1本20分としても400分=約7時間かかってしまいます。ただ前歯6本のみなら2時間で済みますので、
何回かに分けて受ける方もいらっしゃいます。

セラミックを考えている方、歯を削る前に一度パーマネントマニキュアを試してみたらいかがでしょうか。
パーマネントマニキュアを試してみて、そのあとで差し歯をしても遅くはありません。



pmbefore pmafter


マニキュアの注意事項

  • マニキュアやスカルプチャーは、セラミックや金属などの人工の歯にも施術できますが、天然の歯に比べて接着力は弱くなります。
  • 元の歯の色が濃い場合、マニキュア本来の色が出せないことがあります。
  • 歯を削らずにマニキュアを塗るため、若干の歯に厚みが出ます。ご了承ください。
  • 一本のみの場合、周りの歯と完全に合わせるのが難しい場合があります。
  • パーマネントマニキュアは定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
  • マニキュアの料金は1本9,000円~17,000円、回数は通常1回で終了します。

    ご予約の場合、マニキュアのメンテナンス希望とお伝えください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コラムトップへ

ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP