電話 メール
痛くないホワイトニング方法

痛みがないホワイトニングの種類


officew

1.歯がしみる原因

ホワイトニング中に歯がしみる原因はホワイトニングで使用されている過酸化水素の刺激によります。歯の象牙質自体には知覚はありませんが、
象牙質には歯への刺激を歯の神経に伝える機能があり、象牙質に刺激が加わると痛みを感じます(これを知覚過敏といいます)。ホワイトニング
剤が歯ぎしりなどで歯が削れて象牙質がむき出しになっている部分に直接付いたり、ホワイトニングを行う際に発生するフリーラジカルが象牙質
まで到達すると歯がしみます。



2.しみないホワイトニングの方法

歯をしみないようにホワイトニングを行うにはいくつかの方法があります。

2-1 ホワイトニングの前にしみ止め効果のある歯磨きを使用する
ホワイトニングを行う数日前からしみ止め効果のある歯磨き(高濃度のフッ素入り歯磨き、CPP-ACP配合歯磨き、知覚過敏用歯磨きなど)を
使用することでホワイトニングの痛みを軽減することができます。ただしこの方法は痛みを軽減するだけで、完全に知覚過敏を防ぐことは
できません。


2-2 ホワイトニングを行う際に知覚過敏の原因になる部分をガードする
ホワイトニング時に歯がしみる原因は、むき出しになっている象牙質に直接ホワイトニング剤が付着したり、ホワイトニング時に発生する
フリーラジカルが歯のヒビなど細かい隙間から象牙質に作用することで起こります。ホワイトニングを行う際にむき出しの象牙質や大きな
ヒビなどを樹脂でガードしてホワイトニングを行うことで、しみを防ぐことができます。
ただし歯のヒビは目に見えないような細かいものもあるため、しみを完全に防ぐことはできません。またオフィスホワイトニングではガードが
可能ですが、ホームホワイトニングではガードすることはできません。


2-3 過酸化水素、過酸化尿素以外の薬剤を使用する
一般的にホワイトニングは過酸化水素か過酸化尿素を使用しますが、この過酸化物が歯を刺激して痛みを生じます。これら過酸化物を使用
しなければ歯がしみることはありません。最近ではポリリン酸や酸化チタン、二酸化塩素など過酸化水素以外の薬剤で白くする方法が開発
されています。これらの薬剤を使用しますと歯にはしみませんが、効果もかなり弱くなってしまいます。


2-4 低濃度の過酸化水素に触媒を入れて使用する
一般的にオフィスホワイトニングに使用される過酸化水素は35%とかなり高濃度の薬剤が使用されます。濃度が高ければ高いほどホワイトニング
の効果は高くなりますが、歯にもしみてしまいます。最近はホワイトニングの研究が進み、3~6%程度の低濃度のホワイトニング剤に過酸化水素
の分解を促進する触媒を入れて特定の波長の光を当てて白くする方法が開発されています。3~6%の過酸化水素であればほとんど痛みなく歯を
白くすることができます。



3.しみないホワイトニングの種類

3-1 OTCホワイトニング
薬局やバラエティショップなどでホワイトニング剤を購入して自分で行うホワイトニングのことをOTC(Over The Counter)ホワイトニングと
いいます。OTC製品は法律で過酸化水素を配合することができませんので、ポリリン酸ナトリウムや酸化チタン、二酸化塩素などを使用しています。
歯にしみることは全くありませんが、効果もかなり弱くなります。


3-2 セルフ方式のホワイトニング
自分で歯にジェルを塗ってLEDライトを当てるセルフ方式のホワイトニングは歯科医院の登録ではないところで行われているため、医療法および
薬機法上、過酸化水素以外の薬剤を使用しています。このため歯にしみることは全くありませんが、効果もかなり弱くなります。


3-3 低濃度の過酸化水素を使用したオフィスホワイトニング
歯にしみない程度の低濃度の過酸化水素に光触媒を配合して、低濃度の薬剤でも効果が出るように開発したホワイトニングです。1回で真っ白に
することはできませんが、数回行うことで高濃度のホワイトニング剤を使用したホワイトニングと同程度の効果を上げることができます。

マイルドホワイトニング


3-4 高濃度の過酸化尿素を使用したホームホワイトニング
一般的なホームホワイトニングはマウスピースを使って1回2時間~6時間程度使用します。使用する薬剤は低濃度でも長時間使用することで
歯にしみることがあります。使用する薬剤を高濃度にすることで、歯がしみる前に歯を白くすることができます。ただし高濃度の薬剤専用の
マウスピースが必要です。

スピードホーム


歯を白くするにはホワイトニング剤が歯の象牙質まで作用することがどうしても必要になります。ただ象牙質まで作用すれば歯がしみてしまいます。
歯を白くすることと歯がしみることは表裏一体です。痛みに弱い方は上記を参考にしてホワイトニングに挑戦してみてください。



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コラムトップへ
ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP