電話 メール
白い歯はメイクを選びません




白い歯はメイクを選びません

街の風景がクリスマスカラーに変わるころ。

週の始め月曜の仕事帰りに、新しいファンデーションを探しにデパートへ行った。

今日は気になっていた商品をいくつか見るだけって決めて、

ふと目についた化粧品カウンターを訪ねる。

ビューティ・アドバイザーの女性は丁寧に商品説明をしてくれる。

ふいに、彼女の口元からこぼれるような白い歯が見えた。

説明を聞きながらも、つい意識は歯の方に・・・

他のカウンターも回って、いろいろ丁寧な説明を受けたけど、

そのビューティ・アドバイザーさんの歯は、いつも見慣れた私と同じ歯の色。

二人ともすごくきれいにお化粧しているけれど、全然印象が違う。

検討した結果、ファンデーションは前から気になっていた

歯のきれいなビューティ・アドバイザーさんがいるメーカーに決めた。



essay001





火曜に再びカウンターを訪ねると、昨日の歯のきれいなビューティ・アドバイザーさんが

私の事を覚えていて、ほぼフルメイクでファンデーションを試してみることに。

何だか恥ずかしかったけど、思い切って歯のお手入れについて聞いてみた。

すると、“歯のホワイトニング”をしているそうだ。

何でも仲間のスタッフさんの間では、ちょっとしたブームになっているとか。


早速、ネットや美容雑誌でチェック開始。

調べを進めると、価格はどこを比べてもほとんど大差なし。

目に付いたのは、一回で終わる『ブライトスマイル』という方法。

口コミも良いし、そう言えばTVや雑誌で見かけた事を何となく思い出した。

水曜、早速とあるホワイトニング・サロンでカウンセリングだけ受けた。イイカンジ。

今の歯の色と、『ブライトスマイル』を受けた後の色をシミュレーションして貰ったら、

自分が想像していた通りの「白い歯」だったッ♪


ちょうど、金曜に約束のあった女子会までに白い歯になるんだと固く心に決めて、

木曜の仕事帰りに『ブライトホワイト』の予約を入れた。

ホワイトニングが終わって鏡を見ると、憧れの白い歯に!!


ホワイトニングをしてから、自分に少しだけ自信がついてきた。

最近よく笑うようになったし、顔全体の雰囲気が明るくなったねって、

周囲の人たちからの評判も上々。

憧れの赤リップもつけられるようになったし、

思い切って“ホワイトニング”して良かった。



essay002



戻る
ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP