電話 メール
インターナルブリーチ(パワーブリーチ)

インターナルブリーチ(パワーブリーチ)は神経がない歯を白くする方法です。


manicure

歯の裏に詰めてあるものをはずして、歯の内側にホワイトニング剤を入れて、その場で白くしていきます。
通常のホワイトニングでは白くすることができない神経がない歯でも、パワーブリーチで白くすることができます。
神経がない歯は差し歯しかないと言われた方、ぜひ一度お試しください。

パワーブリーチはブライトホワイトやティオンホワイトニング、ズームホワイトニング、ルマホワイトニングなど、
ほかのホワイトニングと組み合わせて行うことも可能です。
特にブライトホワイトと組み合わせて行いますと効果も高く、一日でもかなり白くすることができます。

通常のパワーブリーチは1回で1~2段階歯を白くすることができます。
※他のホワイトニングと組み合わせて行った場合は、そのホワイトニングと同等の効果があります。

ブライホワイト+パワーブリーチ 1回3クール 8~10段階
ZOOM+パワーブリーチ     1回3クール 6~8段階


Pim0004power Pim0005power
ブライトホワイトとパワーブリーチの併用1回の施術例

施術料
パワーブリーチの準備(歯の裏に詰めてある樹脂の除去)1本4,000円
パワーブリーチ1回1本1,500円(歯の表も同時に行う場合は+500円)
※プラズマを使用した場合は1回9,000円(歯の表も同時に行う場合は+1,500円)
樹脂の詰め直し(除去した樹脂を再度詰める施術)1本3,000円

※他のホワイトニングと組み合わせて行う場合は、そのホワイトニングで行うホワイトニング剤を
  塗る回数×1,500円となります。

例)ブライトホワイト+パワーブリーチ   1,500円×3回×パワーブリーチの本数
  ルマホワイトニング+パワーブリーチ  1,500円×2回×パワーブリーチの本数


※価格は税抜き表示です

※パワーブリーチのメンテナンスは、通常の 表から行うホワイトニングでも可能ですが、色の戻りが大きく
 表からのホワイトニングでは元の色に戻らない場合は、再度パワーブリーチを行うことも可能です。
※神経がない歯は神経がある歯に比べて白くなりにくく、また色戻りも早くなります。また歯の根元付近は白くなりにくく、
 着色が残ってしまう場合があります。これらが気になる場合は、マニキュアやセラミックをお勧めします。
※パワーブリーチのメンテナンスは、通常の 表から行うホワイトニングでも可能ですが、色の戻りが大きく
  表からのホワイトニングでは元の色に戻らない場合は、再度パワーブリーチを行うことも可能です。
※パワーブリーチは神経がある歯や神経の治療が不完全な歯などはできません。
※白くなるまでの回数は、変色の度合いによって異なります。パワーブリーチ単独で行う場合、通常5~10回程度かかります。
 またブライトホワイトと併用する場合でも、追加のパワーブリーチが必要な場合があります。
※パワーブリーチに使用する薬剤は、厚労省で認可された製品を使用しています。


パワーブリーチのメリット
・ウォーキングブリーチと異なり、歯の根や骨に影響がありません。
・神経がない歯でも白くすることができます。
・ブライトホワイトなど他のホワイトニングと併用して行うことができます。

パワーブリーチのデメリット
・単独でパワーブリーチを行う場合は、回数がかかってしまう場合があります。
・神経がある歯や神経の治療が不完全な歯などはできません。


ホワイトニングメニューに戻る>>


ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP