電話 メール
ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチとは?


ウォーキングブリーチは、神経がない歯の内部にホワイトニング剤を入れて白くする方法で、1963年から行なわれています。
歯の裏側に穴をあけて、元々神経があった穴の中に過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素を混ぜ合わせたホワイトニング剤を封入し、
1週間ごとにお薬を交換して白くする方法です。根の治療が完全に終了し、歯の根に問題がないことが条件です。
椅子に座ってホワイトニングしてもらうのではなく、ホワイトニング剤を中に入れたまま歩きながら(ウォーキング)歯を
白くするためこの名前が付きました。
今のオフィスホワイトニングやホームホワイトニングが出る前の1989年以前は、この方法しかなかったため、神経がある歯
でも神経を取ってまでウォーキングブリーチを行っていた時代もあります。
ホワイトニング出現後も、日本では2006年まで健康保険が適用されていたため、多くの歯科医院でこの方法が頻繁に行なわれて
いました。費用は1本1万円前後です。


ウォーキングブリーチのメリット
・ホワイトニング剤を封入して長時間ホワイトニングを行うことができるため、かなり変色が強い歯でも白くなる可能性があります。
・2~3回程度で白くなるため、費用も1本10,000円前後と比較的安く済みます。


ウォーキングブリーチのデメリット
・ホワイトニング剤を完全に密封してしまうため、根の治療が不十分だったり、深くまでホワイトニングを行ったりすると、
 ホワイトニング剤が歯の周りの骨に浸透して痛みが出たり、ウォーキングブリーチが終わってから数年後に歯の根やその
 周りの骨に影響が出ることがあります。
 ウォーキングブリーチ中に神経がないのに痛みを感じた場合は、すぐに中断したほうがいいでしょう。
・効果が不確実で白くならない場合があります。ウォーキングブリーチで歯が白くならない原因は、いくつか考えられます。


ウォーキングブリーチで効果が出ない原因
1.薬剤が漏れている―薬剤が漏れていると、当然効果は薄れてしまいます。
  薬剤が漏れている場合は、お口の中で薬品のような味がします。
2.虫歯や死んだ神経、詰め物などが残っている―物理的に取り除かないと、効果が十分に出ないことがあります。
  一部分が黒かったり、大きい詰め物がある場合は、効果が分かりにくくなってしまいます。
3.薬剤の濃度が低いか古い―通常は35~38%の薬剤を使用しますが調合によっては濃度が低くなる場合があります。
  これは歯科医師が意図的に行っている場合もありますし保存していた薬が古くなっている場合もあります。

ホワイトニング技術が発達しインターナルブリーチという方法でウォーキングブリーチをしなくても神経がない歯を
白くできるようになったため、リスクが高く効果が不確実なウォーキングブリーチは現在では一部の歯科医院を除いて
あまり行なわれていません。

インターナルブリーチ(パワーブリーチ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラムトップへ

ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP