歯のホワイトニングサロン ティースアート

トップページ >> 前歯の白斑(シミ)について






前歯の白い斑点(白斑、ホワイトスポット、白濁、シミ、)とは

正式にはエナメル質石灰化不全症といいます。
歯ができるとき(幼少期)に全身の状態が悪かった場合や、その時期に飲んだ高濃度のフッ素、初期虫歯、
乳歯のときの虫歯などの原因が考えられます。
いずれの場合も、ホワイトニングや乾燥によってシミが目立ってしまうことが多く、特にホワイトニング直後は、
シミの白さがかなり強くなりますが、24〜48時間で少し落ち着いてきます。

                                                            


歯磨きによるトリートメント

初期虫歯や、軽い石灰化不全の場合は、ホワイトスポットケアペーストを長期間使用することで、
ホワイトスポットが薄くなることがあります。

MIペースト


ホワイトニング

シミが薄い場合、シミの部分以外をホワイトニングをすることによって、シミを目立たなくすることができます。
※ただしホームホワイトニングではシミの部分を避けてホワイトニングを行うことができないため逆に目立ってしまいます。

ティースポリッシング(エナメルマイクロアブレージョン)

しみが小さく、薄い場合はティースポリッシングによって、しみを消すことができます。
シミがエナメル質の深くまで及んでいる場合は、完全に消すことができませんが、薄くしたり小さくすることは可能です。

施術前 施術後


マニキュア

歯を削らずに、歯の表面にマニキュアを塗ることによって、シミを隠すことができます。
歯を削らずに樹脂を塗るため若干厚みが出てしまいます。


ハイブリッド樹脂


シミが深い場合はその部分を削り取って高分子樹脂をつめます。
白斑を確実に除去することができます。


施術前 施術後


ラミネートベニヤ

シミの範囲が広く深い場合は、歯の表面を薄く削り、セラミック製の歯を貼ります。


COPYRIGHT (C)2000-2006 TEETHART CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.