電話 メール
差し歯のホワイトニング

天然の歯はホワイトニングによって白くすることができます。
しかし差し歯やセラミックをホワイトニングで白くすることは、残念ながら現在の技術ではできません。


前歯に差し歯やセラミック、ラミネートベニヤなどをされている時は、周りの歯の色に合わせて
差し歯やセラミックを入れていますので、自分の歯をホワイトニングをすると、色が合わなく
なってしまいます。


一番きれいにするには、やはりホワイトニングの後に自分の歯の色に合わせて、
差し歯やセラミックをやり直す方法です。


特に保険の差し歯やメタルボンドなど、中心に金属を使用しているタイプですと、
歯の色を出すために金属の色を消す遮断剤が使われており、ホワイトニングで
透明感が上がったきれいな白い色を出すことができません。
ホワイトニングをすればするほど、色が合わなくなってきてしまいます。


しかし中には費用的な問題や、セラミックを入れてからまだ時間がたっていない
場合など、差し歯やセラミックをやり替えることができない場合があります。
その場合はマニキュアという方法もあります。

マニキュアは歯を削らずに白い樹脂を塗って白くする方法で、セラミックをやり替え
ずにホワイトニングをした歯の色に1日で合わせることができます。

ただし人工の歯への接着力は天然の歯よりも弱いため外れやすく注意が必要です。
それでもメンテナンスによっては、5年くらい使用できる場合があります。

将来はセラミックをやり替えるにしても、とりあえず色を合わせたい場合にはお勧めです。

 ■差し歯の歯のマニキュア


ttFile0009 ttFile0010


マニキュアの注意事項

  • マニキュアやスカルプチャーは、セラミックや金属などの人工の歯にも施術できますが、天然の歯に比べて接着力は弱くなります。
  • 元の歯の色が濃い場合、マニキュア本来の色が出せないことがあります。
  • 歯を削らずにマニキュアを塗るため、若干の歯に厚みが出ます。ご了承ください。
  • 一本のみの場合、周りの歯と完全に合わせるのが難しい場合があります。
  • パーマネントマニキュアは定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
  • マニキュアの料金は1本9,000円~17,000円、回数は通常1回で終了します。

    ご予約の場合、マニキュアのメンテナンス希望とお伝えください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラムトップへ

ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP