電話 メール
芸能人のホワイトニング

「芸能人は歯が命」。このフレーズは1995年に東幹久の歯磨きのテレビコマーシャルで大流行しました。

偶然にも同じ年の5月にティースアートの1号店が銀座にオープンしました。


この年に雑誌やテレビの取材があると必ずこの「芸能人は歯が命」というフレーズが出てきたものです。

今思えば1995年は歯のホワイトニング元年でした。現在では歯のホワイトニングは一般的になりつつあります。

今では芸能人はもとより、一般人も歯が命になってきています。とは言ってもやはり芸能人は一般人より歯に気を使っています。

一昔前までは、歯並びが悪かったり、歯が黄色い芸能人の方もいらっしゃいましたが、最近では歯が汚かったタレントさんも、
いつの間にかきれいになっていることも珍しくありません。それだけ歯に対する関心が高いと言えるでしょう。


ティースアートにも多くの芸能人の方々がいらっしゃっていますが、その時に心がけていることは、テレビで歯がきれいに白く見える
こと。雑誌などの印刷媒体やネットでは歯の色を修正することもできますが、テレビではできません。

一般的には白い歯でも、テレビで見るとそれほど白く感じられないこともあります。
芸能人にとって、歯が白いことはプラスのイメージにはなってもマイナスにはなりません。

特に歯が白くきれいだと、コマーシャルのオファーが来やすいそうです。

そこでティースアートでは、芸能人の方にはホワイトニングを行う際に、必ず1回で最高の白さを引き出せるブライトホワイトを
お勧めしています。

ティースアートでホワイトニングやセラミックをお受けいただいた芸能人の方々がテレビに出演するときは、必ず歯のテレビ映りを
チェックします。
そこで他の出演者よりきれいな白い歯に映っていると、こちらもうれしくなります。

もちろん一般の方々にも、一番きれいに見えるような施術のアドバイスをさせていただいています。

芸能人のような白くきれいな歯を手に入れてみませんか?

8



ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP