電話 メール
歯を真っ白にする方法

黄色い歯でも真っ白にする方法、教えます!



massiro

最近ではホワイトニングの普及によって歯を白くされる方が増えましたが、タレントさんの影響もあって、自然な白さではなく、
歯を真っ白にしたいという希望の方が増えています。

しかし通常のホワイトニングは歯の明るさを上げて白くするため透明感が強くなり紙や陶器のような白さにすることはできません。
歯を真っ白にするには次のような方法があります。




1.歯が白くなる原理

歯を白くするには、歯の表面の着色を取る、ホワイトニングで歯の明るさ(明度)を上げて白くする、
白色でマスキングして白くするの3通りがあります。



2.歯の着色を取って白くする

歯の表面に着色がある場合、歯が黄色く見えます。歯のクリーニングやホワイトニング歯磨き、セルフ式の
ホワイトニングで歯の表面の着色を落とすことができます。
しかしこの方法は元の歯の色に戻すだけで、歯自体を白くすることはできないため、残念ながら真っ白にはなりません。


2-2 ホワイトニング歯磨き
ホワイトニング効果のある歯磨きを使用して、歯の表面の着色を落として白くします。

2-3 歯のクリーニング
歯の表面を磨くことで、歯磨きでは落としきれない着色も落とすことができます。

2-4 セルフ式ホワイトニング
歯に酸化チタンやポリリン酸のジェルを塗って、LEDのライトを当てて歯の表面の色素を除去します。



3.ホワイトニングで白くする

歯科で行う歯のホワイトニングは、ホワイトニング剤が分解するときに発生するフリーラジカルが、歯の内部の
色素を化学的に分解して明るさを上げて白くする方法です。この方法ですと歯自体を白くすることができますが、
明るさを上げて白くする方法なので、陶器のような白さにすることはできません。ホワイトニングで真っ白に
するには、かなり効果の高いホワイトニングや長期間のホワイトニングが必要になります。



通常のオフィスホワイトニングでは真っ白にすることはできませんが、NASAの元科学者が開発した
ブライトホワイトという方法なら1回でもかなり白くすることができます。

※写真はブライトホワイト2の1回の施術写真です。
施術前 施術後

※ブライトホワイトの効果には個人差があります。
※ブライトホワイトに使用する機械は歯面漂白用加熱装置として認可されています。
※ブライトホワイトに使用する薬剤はアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。
 国内未承認品ですが、重大なリスクは明らかになっていません。
※ブライトホワイトに使用する薬剤は国内に同一の成分、性能を有する製品がないため、
 厚生労働省へ薬監申請を行い、輸入許可を受けて個人輸入をしています。
 詳しくはhttps://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/をご覧ください。
※ホワイトニングで白くした歯は、時間とともに色戻りがあります。
 ブライトホワイト直後の白さを保つために半年~1年に1回程度のメンテナンスをお勧めします。



3-2-2 ブライトホワイトのメリット
・ブライトホワイトはお口の中全体に光が当たるように設計されているため、20~24本の歯を一度に施術できます。
・高輝度のプラズマライトと専用のホワイトニング剤により、1回で8~10段階白くすることができます。
・神経がない歯でも白くできる場合があります。
・ブライトホワイトの効果は、特許を取得した技術で世界中で認められています。

3-2-3 ブライトホワイトのデメリット
・1回で白くする方法のため、白さの調整や徐々に白くしていくことができません。
・お口の中に一度に光が当たる設計になっているため、1本単位でのホワイトニングには向きません。
・ホワイトニングの経験があり、すでにある程度歯が白い方は8~10段階白くならない場合があります。

ブライトホワイトのページ



3-3 デュアルホワイトニング
通常のホワイトニングだけでは、陶器のように真っ白にすることができません。
オフィスホワイトニングの後に、ホームホワイトニングを併用することによって、
ホワイトニングでもかなり白くすることができます。

施術前 施術後


3-3-2 デュアルホワイトニングのメリット
・元の歯の色が濃かったり、テトラサイクリン変色歯でも白くできる場合があります。
・ホームホワイトニング単独で行うより、早く白くすることができます。

3-3-3 デュアルホワイトニングのデメリット
・ホームホワイトニングを併用するため、真っ白になるまでの期間が長くなります。
・ホワイトニングでしみる場合があります。
・他のホワイトニング同様に色戻りが起こるため、定期的なメンテナンスが必要です。
・オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの料金がかかるため、高額になります。

各種ホワイトニングメニュー




4.白色でマスキングして白くする

白色の人工物で元の歯の色を遮断して白くしますので、どんな歯でも確実に真っ白にすることができます。


歯のマニキュアは、歯を削らずに歯に直接樹脂を塗って固める方法です。
元の歯の色を遮断して1回で確実に白くすることができます。
かなり白い色を選べば、陶器のように真っ白にすることもできます。
特にパーマネントマニキュアは2~5年間使用できますので、セラミックのために歯を削る前に試してみるのもいいでしょう。
費用もセラミックの1/10程度です。

施術前 施術後


4-1-2 マニキュアのメリット
・どんなに変色が強くても歯を削らずに1回で確実に白くすることができます。
・神経を取っていない歯でも白くすることができます。
・パーマネントマニキュアは、メンテナンスにより数年間使用できます。
・差し歯やセラミックなどの人工の歯にも施術が可能です。

4-1-3 マニキュアのデメリット
・元の歯の色が濃い場合、マニキュア本来の色が出せないことがあります。
・歯を削らずにマニキュアを塗るため、歯に若干の厚みが出ます。
・一本のみの場合、周りの歯と完全に合わせるのが難しい場合があります。
・パーマネントマニキュアは天然の歯に比べて、色素が付きやすくなりますので、定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
・セラミックや金属などの人工の歯にも施術できますが、天然の歯に比べて接着力は弱くなります。

歯のマニキュアのページ



歯を削らずに、歯の型を取って作製した歯のスカルプチャーを歯に直接貼りつける方法です。
マニキュアと違って歯の形や大きさなどを修正することができます。

スカルプチャー

施術前 施術後


4-2-2 スカルプチャーのメリット
・どんなに変色が強くても確実に白くすることができます。
・歯を削らずに白くすることができます。
・ラミネートベニアは通常、神経のない歯には行いませんが、スカルプチャーは神経がない歯でも施術可能です。

4-2-3 スカルプチャーのデメリット
・歯を削らずにスカルプチャーを貼るため、歯に若干の厚みが出ます。
・ホワイトスカルプチャーは天然の歯に比べて、色素が付きやすくなりますので、定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
・セラミックスカルプチャーは、スカルプチャーを外したりやり直す場合、スカルプチャーを削って外す必要があるため、
 歯の表面が一層削れてしまいます。完全に元の歯に戻すことはできません。
・セラミックスカルプチャーは極薄のセラミックを使用するため、接着剤で歯の色を調整します。
 セラミック自体は変色しませんが、 接着剤は徐々に変色してきますので、初めの色より濃くなってまいります。

スカルプチャーのページ



歯を薄く削ってセラミックを貼る方法です。
色は自由自在になりますので、透明感のある自然な白さから、マニキュア同様、
陶器のような白さにすることもできます。
また多少であれば歯並びや歯の形を変えることも可能ですが費用は一番高くなります。

べニア前 べニア後


4-3-2 ラミネートベニアのメリット
・どんな歯でも真っ白にすることができます。
・歯の色だけでなく、形などを変えることができます。

4-3-3 ラミネートベニアのデメリット
・歯の表面を1~1.5mm程度削る必要があります。
・歯と歯の隙間が大きい場合、ベニアが大きくなってしまう場合があります。
・セラミックは、歯ぎしりやくいしばりによって欠けたりはずれたりたりする可能性があります。
・ラミネートベニアをした歯がしばらくしみる可能性があります。

ラミネートベニアのページ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP