電話 メール
神経がない歯のホワイトニング

神経がなく変色した歯を削らずに白くする方法のメリット、デメリット



shinkei


神経が無い歯が変色する原因

歯虫歯や事故など何らかの理由で神経が死んでしまったり、神経を抜いた歯(失活歯)は、時間とともに茶色〜黒っぽく変色してきます。
原因は神経があることで健康だった歯が、神経がなくなることで細菌に感染するなどの理由でくすんできます。
ちょうど枯れ木が茶色く変色してくるのと同じです。
また歯の神経は歯の先端付近まで細い神経が通っており、神経を取る際に神経組織の取り残しや出血した血が
残っていると変色の原因になります。特に血液成分は鉄分が多く含まれていますので、血液が残っていると黒く変色してきます。

1-2-1 神経があるのに変色する原因

神経を取った覚えがないのに1本だけ変色してくることがあります。これには以下のような原因が考えられます。

1-2-2 虫歯などで神経が死んでしまっている場合

この場合は神経の治療(根の治療)が必要です。放っておくと根の先に炎症が起きたり膿がたまってくる可能性があります。
神経を取った後はホワイトニングで白くできます。

1-2-3 神経は死んでいない場合

歯の神経は強い力が加わると、防御反応で象牙質が厚くなり結果的に神経の穴が小さくなって歯の色が濃くなってきます。
歯を打撲したり、強い力の矯正や歯ぎしりなどでも起こります。この場合は歯の根の神経は生きていることが多いのですが、
歯自体は変色してきます。この歯はホワイトニングで白くすることはできませんのでマニキュアやセラミックをお勧めします。

1-3 神経がない歯はホワイトニングで白くならない?

神経を取ってしまって変色した歯は、通常のホワイトニングでは白くなりにくく、また色戻りもしやすくなっています。
変色の原因が神経組織の取り残しや血液成分による場合、その原因を取り除かない限り白くなりません。
通常は差し歯など歯を削ってかぶせる方法が一般的です。しかし神経を取ってしまっても、歯の色だけが問題で、
自分の歯がかなり残っている場合は全て削ってしまうことに抵抗がある方は少なくありません。
一般的にはセラミックや差し歯などが推奨されますが、歯を削りたくない場合には、ほかの方法で白くすることもできます。
そこで次の項目では神経を取って変色してしまった歯を削らずに白くする方法をご紹介します。



通常のホワイトニングでは、神経のない歯は白くなりにくいのですが、変色が強くない場合はブライホワイトで白く
できる場合があります。
根元が変色している場合や、変色が強い場合は、パワーブリーチを併用することで、かなり白くすることができます。


shinbefore shinafter

※上記はブライトホワイトを1回行った写真です。右の前歯2本の神経がありませんが、
歯の内部に汚れがなかったため、表からのホワイトニングだけでかなり白くなっています。

※ブライトホワイトの効果には個人差があります。
※ブライトホワイトに使用する機械は歯面漂白用加熱装置として認可されています。
※ブライトホワイトに使用する薬剤はアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。
国内未承認品ですが、重大なリスクは明らかになっていません。
※ブライトホワイトに使用する薬剤は国内に同一の成分、性能を有する製品がないため、
厚生労働省へ薬監申請を行い、輸入許可を受けて個人輸入をしています。
※ホワイトニングで白くした歯は、時間とともに色戻りがあります。ブライトホワイト直後の白さを保つために
 半年~1年に1回程度のメンテナンスをお勧めします


2-2 ブライトホワイトのメリット

・ブライトホワイトはお口の中全体に光が当たるように設計されているため、20~24本の歯を一度に施術できます。
・高輝度のプラズマライトと専用のホワイトニング剤により、1回で8~10段階白くすることができます。
・神経がない歯でも白くできる場合があります。
・ブライトホワイトの効果は、特許を取得した技術で世界中で認められています。

2-3 ブライトホワイトのデメリット

・1回で白くする方法のため、白さの調整や徐々に白くしていくことができません。
・お口の中に一度に光が当たる設計になっているため、1本単位でのホワイトニングには向きません。
・ホワイトニングの経験があり、すでにある程度歯が白い方は8~10段階白くならない場合があります。
ブライトホワイトのページ



ウォーキングブリーチ

歯の裏側に穴をあけて、その中に過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素を混ぜ合わせたホワイトニング剤を封入し
1週間ごとにお薬を交換して白くする方法です。
根の治療が完全に終了し、歯の根に問題がないことが条件です。
以前は保険が適用されていましたが、現在は保険適用外です。

3-2 ウォーキングブリーチのメリット

ウォーキングブリーチは、ホワイトニング剤を封入して長時間ホワイトニングを行うことができるため
かなり変色が強い歯でも白くなる可能性があります。
また2~3回程度で白くなるため、費用も1本10,000円前後と比較的安く済みます。

3-3 ウォーキングブリーチのデメリット

歯の状態や方法によっては、ホワイトニング剤が歯の周りの骨に浸透して痛みが出たり、ウォーキングブリーチが終わってから
数年後に歯の根やその周りの骨に影響が出ることがあるため、ティースアートでは取り扱っておりません。




歯の裏に詰めてある樹脂をはずして、神経を取った後の歯の中にホワイトニング剤を入れて白くする方法です。
単独で行う場合は、5~10回程度で周りの歯に合わせることができます。
また、ブライトホワイト、ズームなどほかのホワイトニングと組合 せて行うことがで、一回でかなり白くすることができます。

Pim0004power 
Pim0005power

※パワーブリーチのメンテナンスは、通常の 表から行うホワイトニングでも可能ですが、色の戻りが大きく
 表からのホワイトニングでは元の色に戻らない場合は、再度パワーブリーチを行うことも可能です。
※神経がない歯は神経がある歯に比べて白くなりにくく、また色戻りも早くなります。また歯の根元付近は白くなりにくく、
 着色が残ってしまう場合があります。これらが気になる場合は、マニキュアやセラミックをお勧めします。
※白くなるまでの回数は、変色の度合いによって異なります。パワーブリーチ単独で行う場合、 通常5~10回程度かかります。
  またブライトホワイトと併用する場合でも、追加のパワーブリーチが必要な場合があります。
※パワーブリーチに使用する薬剤は、厚労省で認可された製品を使用しています。



4-2 インターナルブリーチのメリット

・ウォーキングブリーチと異なり、歯の根や骨に影響がありません。
・神経がない歯でも白くすることができます。
・ブライトホワイトなど他のホワイトニングと併用して行うことができます。


4-3 インターナルブリーチのデメリット

・単独でインターナルブリーチを行う場合は、回数がかかってしまう場合があります。
・神経が残っている歯や神経の治療が不完全な歯などはできません。
パワーブリーチのページ



神経を抜いた歯でも歯を削らずに、1回で確実に白くすることができます。
種類によって1週間程度のものから数年間もつものまであります。


Pim0006 Pim0007

Pim0008 Pim0009


5-2 マニキュアのメリット
・どんなに変色が強くても歯を削らずに1回で確実に白くすることができます。
・神経を取っていない歯でも白くすることができます。
・パーマネントマニキュアは、メンテナンスにより数年間使用できます。
・差し歯やセラミックなどの人工の歯にも施術が可能です。

5-3 マニキュアのデメリット

・元の歯の色が濃い場合、マニキュア本来の色が出せないことがあります。
・歯を削らずにマニキュアを塗るため、歯に若干の厚みが出ます。
・一本のみの場合、周りの歯と完全に合わせるのが難しい場合があります。
・パーマネントマニキュアは天然の歯に比べて、色素が付きやすくなりますので、定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
・セラミックや金属などの人工の歯にも施術できますが、天然の歯に比べて接着力は弱くなります。
歯のマニキュアのページ


歯を削らずに、樹脂製のスカルプチャーを歯に直接貼りつける方法です。
マニキュアと違って歯の形や大きさなどを修正することができます。

6-2 スカルプチャーのメリット

・どんなに変色が強くても確実に白くすることができます。
・歯を削らずに白くすることができます。
・ラミネートベニアは通常、神経のない歯には行いませんが、スカルプチャーは神経がない歯でも施術可能です。

6-3 スカルプチャーのデメリット

・歯を削らずにスカルプチャーを貼るため、歯に若干の厚みが出ます。
・ホワイトスカルプチャーは天然の歯に比べて、色素が付きやすくなりますので、定期的なお手入(メンテナンス)が必要です。
・セラミックスカルプチャーは、スカルプチャーを外したりやり直す場合、スカルプチャーを削って外す必要があるため
歯の表面が一層削れてしまいます。完全に元の歯に戻すことはできません。
スカルプチャーのページ


セラミック

神経がない歯は原則的にしっかりと土台を立ててセラミックをかぶせる方法が一般的です。
ただし、神経のない歯は歯が薄くなってしまっているため、通常ラミネートベニヤは行いません。

ceramic_img02 ceramic_img03


7-2 セラミックのメリット

・どんな歯でも白くすることができます。
・歯の色だけでなく、歯の大きさや長さ、形などを変えることができます。

7-3 セラミックのデメリット

・歯を大きく削る必要があります。
・かみ合わせなどによっては歯がきれいに並ばない場合があります。
・根や歯茎の状態によっては2回以上かかる場合があります。
・抜歯などが必要な場合は、セラミック治療だけではきれいにならない場合があります。
・歯と歯の隙間が大きい場合、セラミックの歯が大きくなってしまう場合があります。
・セラミックは、歯ぎしりやくいしばりによって欠けたりはずれたりたりする可能性があります。
・歯茎の黒ずみの原因によっては、オールセラミックに替えただけでは改善しない場合があります。
セラミックのページ



歯は削ってしまうと元に戻すことができません。特に変色があるいだけで自分の歯がかなり残っている場合は、
大きく削ってしまうことに抵抗がある人も多いと思います上記の方法を試してみて、
満足がいかなければセラミックにしてみてはいかがでしょうか。
詳しくは各メニューのページをご覧ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監修 Dr.TSUBAKI (椿 知之)

DSC_0006r-1-200x300

 アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、ホワイトニングコーディネーター前委員長、講師
 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━