電話 メール
ホワイトニングで一回で歯を白くすることはできる?できない?
最終更新日 2024年2月8日
監修:アメリカ審美歯科学会認定医、歯学博士 椿 知之

一日で歯を白くする方法とは?~ホワイトニングを選ぶ際のコツお教えします<2024年度版>
一回のホワイトニングで歯を白くする方法とは

ホワイトニングの効果はその種類、方法によって様々です。一回だけで終わると謳っているものもあれば、一回の効果が弱く、白くなるまでに数回かかるものやホームホワイトニングを併用しなければならないものもあります。ホワイトニングは歯が白くなるまでに回数がかかったり、通わなければならないのではとお悩みではありませんか?このページでは一回のホワイトニングで白くなる原理と方法、費用相場、一回で白くできるホワイトニングの見分け方 をご紹介します。

Teeth Whitening Services

目次

1.一回で白くなるホワイトニングのメリット、デメリット
 1-1 一回で白くなるホワイトニングのメリット
 1-2 一回で白くなるホワイトニングのデメリット

2.一回で白くなるホワイトニングの費用相場

3.一回で歯が白くなる原理

4.ホワイトニングの効果を促進させる方法~一回で歯を白くするための条件
 4-1 時間
 4-2 ホワイトニングの回数(クール数)
 4-3 ホワイトニング剤の濃度
 4-4 光
 4-5 温度
 4-6 触媒
 4-7 pH
 4-8 上記1-6のコンビネーション

5.一回で白くなったかどうかの判定

6.一回で白くなるホワイトニングの見分け方

7.ホワイトニング以外で1回で歯を白くする方法
 7-1 歯のマニキュア
 7-2 CAD/CAMセラミック

8.まとめ



1.一回で白くなるホワイトニングのメリット、デメリット

1-1 一回で白くなるホワイトニングのメリット
  • 何回も通う必要がなく、時間や手間が省ける
  • コロナウィルスなどの感染症のリスクが少ない
  • 徐々に白くするホワイトニングより白くなるまでの費用が安い
  • 歯にしみても一回で済む
  • 食事制限が一回で済む
  • ホームホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングの必要がない


  • 1-2 一回で白くなるホワイトニングのデメリット
  • 1時間以上の長時間の施術が必要
  • 徐々に白くするホワイトニングに比べて1回の費用が高い
  • 一回で白くなるため、周りに気づかれる可能性がある
    ※ホワイトニングは歯の明るさを上げて白くする方法のため、どんなに白くしても不自然な白さにはなりません
  • 徐々に白くするホワイトニングよりしみる可能性が高い
    ※歯にしみる=歯に負担がかかるということはありません。歯にしみるのはホワイトニングの効果が歯の深いところまで浸透しているためで、その効果が切れるとしみは治まります。


  • 2.一回で白くなるホワイトニングの費用相場

    一回で白くなるホワイトニングは通常15~20分のホワイトニングを3~4回繰り返し行うため、施術時間が長くなります。また一回で白くなるホワイトニングに使用する薬剤は原価が高いため、徐々に白くするホワイトニングに比べて費用は高くなり、30,000円~70,000円くらいかかってしまいます。逆に安いホワイトニングは一回で白くすることはできません。

    ホワイトニングの費用相場

    各種ホワイトニングの費用相場


    3.一回で歯が白くなる原理

    ホワイトニングで歯が白くなる原理は、ホワイトニング剤が分解するときに放出されるフリーラジカルが歯の着色物を分解して無色化し、透明度を上げて白くします。ホワイトニングの効果はこのホワイトニング剤を分解するスピードと放出されるフリーラジカルの量によって決まってきます。一回で白くするホワイトニングでは、特定の光や熱などでホワイトニング剤を早く分解して多くのフリーラジカルを出すことでスピーディに歯を白くします。

    ホワイトニングの原理

    歯が白くなる原理


    4.ホワイトニングの効果を促進させる方法~一回で歯を白くするための7つの条件

    4-1 時間
    ホワイトニング剤は何もしなくても時間とともにゆっくりと分解していきます。ホームホワイトニングや光を当てないタイプのオフィスホワイトニングはこれに当たりますが、長い時間が必要になるため、一回で歯を白くすることはできません。

    時間


    4-2 ホワイトニングの回数(クール数)
    オフィスホワイトニングに使用する薬剤は、濃度が高いため10~20分で薬剤が分解し、効果が弱くなります。一回で白くなるホワイトニングは歯に塗った薬剤を新しい薬剤に替えて3~4回(クール)繰り返します。これは日を分けて行うより、1日で3~4回行ったほうが白くなることがわかっています。


    4-3 ホワイトニング剤の濃度
    ホワイトニングに使用する過酸化水素の濃度によっても効果が変わってきます。通常は過酸化水素の濃度が高いほど効果も高いのですが、しみる可能性も高くなってきますので、長時間のホワイトニングや1日で複数回のホワイトニングは不可能となり一回で白くすることはできません。最近は光を使用しないホワイトニングも出ていますが、この方法では光で活性化しないために、過酸化水素の濃度は必然的に高くなっています。このため知覚過敏が出る頻度も高くなるリスクがあり、一回で白くすることは難しいでしょう。

    ホワイトニング剤の濃度


    4-4 光
    ホワイトニング剤である過酸化水素自体に歯を白くする効果があり、ハロゲンライトやレーザー、LEDなどの光は過酸化水素を活性化させる補助的なものです。活性化させる強さとしては一般的には プラズマライト>レーザー >ハロゲンライト>LED >光なしの順です。
    ただし、これらの機械もそれぞれの光量(光強度)や波長によって効果が変わりますので、一概には言えません。一般的に光の強度が強く、波長が短い光のほうがホワイトニング剤を分解する能力は高くなります。ただしあまり光が強すぎると歯にしみてしまうため、一回で歯を白くするにはしみない程度の低濃度のホワイトニング剤に強い光を当てるなどのアレンジが必要になります。

    ホワイトニングの光の効果

    光


    4-5 温度
    ホワイトニング剤は温度が上がると分解する速度も上がります。なるべく高温にしたほうが早く歯を白くすることができますが、温度が高くなると歯がしみてきてしまいます。プラズマライトを使用しますとホワイトニング剤の温度を上げることができますが、歯がしみない程度の温度上昇になっています。

    温度


    4-6 触媒
    効果の高いホワイトニングシステムのほとんどに薬剤に光触媒が配合されています。一般的に二酸化チタンや鉄などの金属系の触媒が使われます。使用するライトを光触媒が入ったホワイトニング剤に当てることで、スピーディにホワイトニング剤を分解することができます。

    触媒


    4-7 pH
    ホワイトニング剤のpH(水素イオン指数)も重要です。ホワイトニング剤のpHが高いほうがホワイトニングの効果も高くなります。ただpHが高いと薬剤の保存性が悪くなるため、最近の薬剤は酸性で保存し、ホワイトニングを行う直前にアルカリ性に調整して使用します。

    pH


    4-8 上記1-7のコンビネーション
    上記の要素を単独で行うのではなく、組み合わせて行うことが重要です。一回で白くできるホワイトニングに共通しているのは、波長が短くかつ強い光を使用し、低濃度の薬剤で触媒を配合したホワイトニング剤を長時間使用することです。有名なホワイトニングメーカーはこの組合せ方法を日々研究しており、短時間で効果の高いホワイトニングシステムを提供することができます
    ※ホワイトニングには個人差があり、歯の質や抗生物質による変色などで一回では白くならない場合があります。



    5.一回で白くなったかどうかの判定

    過酸化水素を使用したホワイトニングであれば、どの方法でも一回で数段階は白くなりますが、肉眼で見て白くなったと感じられるのは、一回で4~5段階以上白くなっていることが必要です。歯のホワイトニングのゴールは一般的にカラーガイドの一番白い部分(B1、A1)を目標にしています。一回で白くなるということは一回でこの白さになることです。日本人の平均的な色であるA3~A3.5の色が一回でA1,B1になれば一回で白くなったと言えます。

    一回で白くなったかどうかの判定


    6.一回で白くなるホワイトニングの見分け方

    どのホワイトニングでも「一度で白さを実感」「一回で~トーン白くなる」などの表記があります。これはどのホワイトニングでも一回で数段階は白くなるためです。ただ一回でカラーガイドの一番白い色まで白くできるホワイトニングは限られます。

    一回で白くできるホワイトニングでは低濃度の薬剤を使用することで長時間施術することが可能です。1クール15~20分を3~4クール繰り返し行いますので、1時間以上かかります。ホワイトニングの効果は一度に繰り返し行ったほうが効果が高く、最終クールが一番白くなります。35%など高濃度の薬剤を使用するホワイトニングでは短時間でしみてきてしまいますので、長時間の施術ができず何日かに分けて施術を行ったり、ホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングを行う必要があります。

    また一回で白くできるホワイトニングシステムは特許を取得している効果の高いジェルを使用し、長時間の施術が必要なため、どうしても一回の料金はある程度高くなってしまいます。(ただし料金が高いほうが必ずしも効果が高いわけではありません)。それでも安いホワイトニングを何回も繰り返し受けたり、ホームホワイトニングを併用するよりトータルでは安くなります。

    一回で白くできるホワイトニングは
    1.効果的なホワイトニングライトを使用している
    2.一回の施術に一時間以上かかる
    3.ある程度料金が高い
    4.ホームホワイトニングの併用(デュアルホワイトニング)が不要
    5.メジャーなメーカーのホワイトニング

    です。ホワイトニングを選ぶ時の参考にしてください。


    各種ホワイトニング比較
    ホワイトニング・システム
    光の種類
    1回の効果
    1回の時間
    B1色になるま
    での平均回数
    ブライトホワイト

    ガスプラズマ
    8~10段階
    60分
    1回
    ティオンオフィス

    LED
    4~6段階
    45~60分
    1~2回
    ズームホワイトニング

    LED
    メタルハライド
    4~6段階
    30~45分
    1~2回
    レーザーホワイトニング

    ダイオードレーザー
    3~4段階
    40~50分
    3~5回
    ビヨンドホワイトニング

    ハロゲン
    3~4段階
    60分
    2~4回
    マルチアーチ・ホワイトニング

    LED
    3~4段階
    40~45分
    3~5回
    ジェルホワイトニング
    (光なしのホワイトニング)

    なし
    2~4段階
    40分
    4~7回
    ポリリン酸ホワイトニング

    LED
    1段階
    20分
    N/A
    ※1回で4段階以上白くなると肉眼で見て白くなったと感じられます。


    一回で白くなるホワイトニング

    1dayホワイトニング~一回で白くなるには理由があります

    ブライトホワイト NASAの科学者が開発したホワイトニング
    一回で白くなるブライトホワイトが受けられる東京、大阪、名古屋などの歯科医院はこちら

    ブライトホワイト

    ティオンホワイトニング トヨタ開発の光触媒技術を使用したホワイトニング

    ZOOMホワイトニング フィリップス社製の世界的なホワイトニング
    ZOOMホワイトニングが受けられる歯科医院はこちら

    What Is Zoom Teeth Whitening? Read Reviews of Costs and Results

    ホワイトニングの効果と値段の相場、徹底比較



    ブライトホワイト施術風景

    BSバナー


    7.ホワイトニング以外で1回で歯を白くする方法

    7-1 歯のマニキュア
    歯の表面に樹脂を塗って白くする方法です。神経がない歯や抗生物質による変色でも原則1回で歯を白くすることができます。

    マニキュアバナー


    7-2 CAD/CAMセラミック
    CAD/CAMがある歯科医院であれば、1回で歯を白くすることができます。歯を削ってからCAD/CAMでセラミックブロックを歯の形に削り、歯に装着します。ただ歯を削らなければならないこと、かなり時間がかかってしまうこと、費用が高額になってしまうなどの欠点があります。


    8.まとめ

    一般のホワイトニングは一回で歯を白くすることはできませんが、薬剤や使用するライトなど一定の条件を備えた方法であれば一回で白くすることは不可能ではありません。時間がない方や何回も通いたくない方は一回で終了するホワイトニングを探してみてはいかがでしょうか。



    ホワイトニング7つの特長
ティースアートとは
メニューのご紹介
店舗案内
COPYRIGHT(C) 2000 TEETHART CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP